「ロシアがウクライナ東部併合を画策」米大使が指摘 住民投票計画も

有料会員記事ウクライナ情勢

ワシントン=清宮涼
[PR]

 ロシアのウクライナ侵攻をめぐり、米国のカーペンター欧州安保協力機構(OSCE)大使は2日、ロシアがウクライナ東部の親ロシア派支配地域のロシアへの併合を画策しているとの見方を示した。

 カーペンター氏は2日の米国務省での記者会見で、ロシアが5月中旬にも、ウクライナ東部のドネツク、ルハンスク両州の親ロシア派支配地域で、ロシアへの併合を問う住民投票を計画しているとの「信頼性が高い」情報があると明らかにした。ロシアが実際に計画を実行できるかについては言及しなかった。

偽の住民投票「まさにロシアのやり方」

 この動きについて、カーペン…

この記事は有料会員記事です。残り602文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら