「緑茶ばなれ」に危機感 婿入りした17代目、「和紅茶」への挑戦

有料会員記事

岡本進
[PR]

 朝から晴れ渡った4月30日、埼玉県入間市にある「清水園」の17代目、清水知弥(ともや、38)は今期初の「和紅茶」を作った。今年は紅茶の生産量を昨年の400キロから2割増やす計画だ。

 和紅茶ブームを感じ始めたのは昨年だった。所沢市にある物産館「YOT―TOKO」に置くティーバッグの紅茶商品の売れ行きが上がった。なじみ客しか来ない店に、紅茶を買い求める若い人が現れるようになった。自身も紅茶好きな清水は「海外産だと、ストレートで飲むには渋みが少しきつい。でも、和紅茶は甘みまで楽しめる」と言う。

 大手飲料メーカーもこの4月、「和紅茶」ペットボトルを発売した。

紅茶作りのきっかけは小学生のひとこと

 もともと県内には、24年前から紅茶を販売している先駆者がいる。日高市にある「吉野園」の園主、吉野誠一(75)だ。自園で紅茶専用の品種まで育てた。

 地元の小学校から頼まれた狭…

この記事は有料会員記事です。残り972文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら