ロシア外務省、イスラエルを批判「ウクライナのネオナチ政権を支持」

ウクライナ情勢

エルサレム=高久潤
[PR]

 ロシアのラブロフ外相がナチスドイツの独裁者ヒトラーに「ユダヤ人の血が流れている」と発言したことをめぐり、ロシア外務省は3日、イスラエルのラピド外相からの非難について、歴史に反していると主張する声明を発表した。ロイター通信などが報じた。

 ラブロフ氏は1日に公開されたメディアのインタビューで、ロシアがウクライナの「非ナチ化」を理由として侵攻していることについて問われ、ユダヤ人大虐殺(ホロコースト)をしたヒトラーに「ユダヤ人の血が流れている」と発言。ラピド氏が「ユダヤ人はユダヤ人自身を殺していない。ユダヤ人を反ユダヤ主義と非難するのは最低レベルの人種差別だ」などと強く非難していた。

 これに対し、ロシア外務省は3日の声明で「イスラエル政府が現在のウクライナのネオナチ政権を支持している理由を大部分で説明している」と批判。「日常生活や政治で、反ユダヤ主義は止められておらず、その反対に(ウクライナで)育っている」ともした。(エルサレム=高久潤