元米運輸長官ノーマン・ミネタ氏が死去 日系人で初の米閣僚

有料記事

サンフランシスコ=五十嵐大介

 日系人として初めて米政府の閣僚となったノーマン・ミネタ元米運輸長官が3日、死去した。90歳だった。米メディアが一斉に報じた。報道によると、死因は心臓の病気という。

 ミネタ氏は、シリコンバレーに位置するカリフォルニア州サンノゼ市の市議と市長を務めた後、1975年から20年間、連邦議会で同州選出の下院議員として活動。2000年にクリントン政権で商務長官に就任し、翌年発足したブッシュ政権では運輸長官に就任した。01年9月の米同時多発テロの発生後は、米国内のすべての航空機の運航を停止するなどの対応にあたり、06年に退任した。

 両親が静岡県出身で日系2世…

この記事は有料記事です。残り133文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!