立憲・旧枝野執行部、街頭でそろい踏み 「おかしいと言える勢力を」

[PR]

 立憲民主党枝野幸男前代表は4日、京都市で前幹事長の福山哲郎参院議員と、辻元清美前副代表と街頭演説に立ち、「もう一度、強い野党を」と訴えた。激戦が予想される参院選の京都選挙区(改選数2)に「立憲オリジナルメンバー」(辻元氏)がそろい踏みした。

 枝野氏は四条河原町(下京区)の交差点で、「今の政治には緊張感が失われている。おかしいことはおかしいと言える勢力がなければ、政治はぬるま湯の方に行く。まっとうな政治を取り戻す」と強調した。辻元氏も「自民党公明党、それを補完するような日本維新の会に、(改憲発議に必要な衆参の)3分の2の議席をとらせていいのか」と述べた。

 京都市内では2日前の福山氏…

この記事は有料会員記事です。残り186文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら