大阪・箕面市が維新の参院選予定候補の投稿をリツイート 指摘後閉鎖

維新

[PR]

 大阪府箕面市が防災情報などを発信する「市民安全ツイッター」で、夏の参院選の立候補予定者の投稿をリツイート(転載)していたことがわかった。防災情報と関係がない内容で、市は「原因不明の不適切なリツイートがあった」として3日からアカウントを閉鎖して原因を調べている。

 市によると、市のツイッターで、参院選比例区日本維新の会から立候補予定の大阪市議の投稿をリツイートしていると外部から指摘があり、箕面市の担当者が3日に確認した。ツイッターでは防災や防犯、新型コロナウイルスなどの情報を発信していて、フォロワーが7千人以上いるという。

 市の担当者は「原因が判明して適切な対処が終わるまで閉鎖を続ける予定で、ご迷惑をおかけします」と話している。