宗教・宗派超え、ウクライナの平和への祈り 愛知・津島のモスクで

小原智恵
[PR]

 宗教や宗派の垣根を超えてウクライナの平和を祈ろうと全国各地で活動する宗教家や信者らが5日、愛知県津島市のモスクに集まった。ウクライナ正教会の司祭、ポール・コロルークさん(56)が「よりよい世界を一緒につくっていきましょう」と参加者らに語りかけた。

 この日の集まりはイスラム教の「日本アハマディア・ムスリム協会」(同市)が呼びかけて実現した。ウクライナ正教会のほか、キリスト教や仏教、ユダヤ教など約10の宗教や宗派の宗教家らが参加。各宗教や宗派に基づく戦争や平和についての考え方を説明し、互いの理解を深めた。会合の最後にはそれぞれの方法でウクライナのための祈りを捧げた。小原智恵

  • commentatorHeader
    安田峰俊
    (ルポライター)
    2022年6月2日17時33分 投稿

    【提案】時節柄、意義のあるイベントであると思いますし、非常に興味深い記事です。 ただ、こちらの呼びかけをおこなった「日本アハマディア・ムスリム協会」は、19世紀末のインドに起源をもつアフマディーヤ派という教派の人たちなのですが、彼らの教義は当