純銀製29キロ、3千万円、幻の「大正16年」銘 大相撲の賜杯の謎

有料会員記事

抜井規泰
[PR]

 大相撲の優勝カップ「賜杯(しはい)」の裏側には、「大正16年」という存在しない年が刻されている。

 江戸の風情と香りを伝える大相撲。その本場は東京――と思う人も多いかもしれない。実際、年6度の本場所の半分は東京の国技館で催される。しかし、実は昭和の初めまで大阪にも相撲協会があり、国技館があり、独自の相撲興行があった。

国技館で呼び出しが「ひがぁ~しぃ~」と声を張り上げる「東」。実は、実際の方位は「北」です。不思議だらけの大相撲。江戸時代と同じ髪形の力士たちが、まわし一丁で戦う角界の不思議をお届けします。

 両組織の合併は、親方株の扱…

この記事は有料会員記事です。残り859文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら