学研の昆虫図鑑を制作中に新種発見 「ガッケンホソカワゲラ」と命名

有料記事

興野優平
[PR]

 図鑑を制作中に新種の昆虫が見つかった。学名には出版社の名前がついた。学研プラスから6月に発売予定の「学研の図鑑LIVE 昆虫 新版」に収録される。

 新種の昆虫「ガッケンホソカワゲラ」は、図鑑に掲載するための撮影をしていて見つかったという。学研プラスが刊行する昆虫図鑑の新版は、標本ではなく、生きている姿の写真を掲載することが特色だ。扱うのは国内の昆虫約2800種。写真は、国内の昆虫学者らが手分けして撮影している。

 発見したのは、箕面公園昆虫館(大阪府箕面市)の中峰空(ひろし)館長。図鑑の撮影のため、昨年3月に京都府の鞍馬川でカワゲラ11匹を採集した。このうち2匹について、オスの腹部の先にある交尾器の形に特徴があった。顕微鏡で確認して「新種ではないか」とすぐに思い当たったという。中峰さんは専門誌に論文を投稿し、査読を経て今年3月に掲載、新種として発表された。

 学名は「Perlomyia gakken(ペルロミュイア ガッケン)」。中峰さんが出版社名からつけた。同社によると、「ガッケン」が昆虫の名前につくのは初めてという。

 「やっぱり新種の発見はうれ…

この記事は有料記事です。残り146文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!