アヤメの道、どこまでも 南アルプス市で7日にアヤメフェア

米沢信義
[PR]

 山梨県南アルプス市小笠原の滝沢川沿いのアヤメが見頃を迎え、市観光協会は7日に滝沢川公園で3年ぶりに「アヤメフェア」を開く。

 アヤメは合併前の旧櫛形町の花で、30年以上前から毎年アヤメフェアを開いてきたが、コロナ禍で昨年まで2年続けて中止となっていた。今年はボルダリングやマウンテンバイクの体験、甲斐犬にふれあえるコーナーなどを設ける一方で、飲食コーナーをなくすなど、内容を見直して実施する。

 会場の滝沢川は、両岸に約1キロにわたって約7万本のアヤメが植えられている名所。今年は4月下旬から花が開きはじめ、延々と続く紫色のじゅうたんを楽しめる。見頃はあと数日で、8日までは午後6時から9時までライトアップしている。

 フェアは7日午前10時から午後4時まで。問い合わせは市観光協会(055・284・4204)。(米沢信義)