コロナ警戒レベル、ステージ1に引き下げ 茨城県

新型コロナウイルス

河合博司
[PR]

 茨城県は6日、新型コロナウイルスの県独自の警戒レベル(4段階)を「ステージ2」から「ステージ1」に引き下げたと発表した。6日時点の入院者数は99人、1日あたりの新規感染者数の直近1週間の平均は483・7人でステージ2相当だった。重症者数は2人でステージ1相当が続いており、総合的に判断したという。

 6日に県が公表した新型コロナの新規感染者は340人。集団感染は小学校と中学校、保育施設の各1カ所で新たに確認された。累計感染者は14万6635人(死者423人)となった。(河合博司)

住民の感染が確認された自治体

(かっこ内は新たな感染者数)

ひたちなか市(49)、日立市(28)、水戸市(22)、土浦市つくば市(各21)、筑西市(17)、古河市(15)、鹿嶋市(14)、神栖市(13)、那珂市(12)、北茨城市(11)、石岡市(10)、下妻市(9)、常陸太田市高萩市守谷市かすみがうら市東海村(各8)、笠間市鉾田市(各7)、牛久市坂東市(各6)、取手市(5)、つくばみらい市(4)、結城市行方市(各3)、龍ケ崎市、常陸大宮市河内町(各2)、常総市潮来市稲敷市桜川市小美玉市茨城町大洗町阿見町八千代町利根町、県外(各1)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]