• アピタル

動悸、だるさで部活に戻れない 中高生のコロナ後遺症、進路に影響も

有料会員記事新型コロナウイルス

足立菜摘、市原研吾、熊井洋美
[PR]

 新型コロナウイルスに感染したあとで症状が長引く「コロナ後遺症」によって、今まで通りに働けなくなったり、学業に支障が出たりと深刻な例も出ている。600万人以上の新規感染者があり、子どもや若い世代の割合が多かった今年1月以降の「第6波」で、後遺症状を訴える人のさらなる増加が懸念されている。

「コロナ後遺症」 世界保健機関(WHO)の定義では、新型コロナウイルスに感染した人にみられ、他の疾患の影響による症状ではなく、少なくとも2カ月以上続く症状を指す。コロナ感染後3カ月経った時点でも症状が出ることがある。海外ではlong COVID(ロング・コビッド)などと呼ばれることもある。

 じっと立っているだけで脈拍が上がり、倒れそうになる。運動をすればベッドから起き上がれないほどの疲労感が続く。「なぜこんなにつらいのか」。神奈川県の高校2年の女子生徒(16)は昨年4月に新型コロナに感染。それから約1年たった今も体調は戻っていない。

スポーツ推薦はあきらめ、通っていた高校も……

 発端は、所属していた運動部…

この記事は有料会員記事です。残り3135文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]