「憲法9条、今すぐ改正を」秋田知事、月刊誌で主張 共産は撤回要求

有料会員記事共産

佐藤仁彦
[PR]

 秋田県佐竹敬久知事は4月26日発売の月刊誌のインタビューで「核兵器保有も含め、防衛政策のあり方の議論を始めてもらいたい」「日本人を平和ボケ状態にした憲法九条は今すぐにでも改正するべきだ」と訴えた。これに対し、共産党県委員会は6日、記者会見し、知事に発言撤回を求めたことを明らかにした。

 知事の発言が載ったのは月刊誌「WiLL」。記事では、岸田文雄首相が米国と核兵器を共同運用する「核共有」の議論を、政府として始める考えがないことを明らかにしたことについて、佐竹知事は「感情論だけでは日本を守れない。はじめから議論にフタをしてしまうのは言語道断だ」と主張。核兵器保有のメリットとデメリットを政治家が議論し、国民に説明しなければならないと述べた。

 一方、6日に会見した共産党の加賀屋千鶴子県議によると、記事内容を知った同県議は4月27日、知事に面会を求めたが、秘書課を通じて断られた。県委員会は2日付で知事の発言撤回を求める書面を提出した。

 書面では、日本が広島・長崎…

この記事は有料会員記事です。残り217文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら