沖縄県で新たに2375人が感染、過去最多更新 新型コロナウイルス

新型コロナウイルス

国吉美香
[PR]

 沖縄県は7日、新たに2375人(米軍以外)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日あたりの新規感染者数では過去最多。1月15日発表の1826人を大きく上回り、初めて2千人台となった。

 急増の要因について、県は大型連休中で人の交流が増えたうえに多くの医療機関が休業するなか、平日の6日に検査が集中したためとみている。また、感染力が強いとされる「BA.2」への置き換わりが進んでいることも要因の一つとしている。担当者は「現在は病床使用率などに急な変化はないが、週明けの感染状況を注視し、今後の対応を検討したい」と説明している。

 県の集計で、直近1週間の人口10万人あたりの新規感染者数は597・80人で、全国平均の134・53人を大きく上回り全国最悪の状態が続いている。

 在沖米軍からは7日、新たに77人の感染が確認されたと県に報告があった。いずれも所属基地は確認中で現時点で不明という。県のまとめでは、在沖米軍関係者の感染者は計1万4449人。(国吉美香)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]