第63回ロシア語をやめ、名前も変えた 絆を断った侵攻「ロシアを捨てたい」

有料会員記事ウクライナ情勢

キーウ=金成隆一
[PR]

 ロシアが「兄弟国」とみなすウクライナへの侵攻は、両国の亀裂を決定的にし、人々の絆も断ち切った。分断は修復できないほどに深い。

 ウクライナの首都キーウ(キエフ)で4月26日、高さ8メートルのブロンズ像が解体された。1980年代に造られた、2人の労働者が寄り添って立つ、ウクライナとロシアの友好を象徴する像だ。スマホを手に、クレーンでの解体作業を見守る人々からは歓声が上がった。

蛮行認めぬロシアの親族 「もう付き合いきれない」

 翌27日にも大勢の市民が跡地を見に来ていた。エンジニアのユーリさん(66)は「心境は複雑です。ロシア人の妻は(侵攻後)親族と連絡が取れなくなってしまいましたから。それでも私たちは撤去に賛成です」。

 ロシアで暮らす妻の親族からは、妻や息子(42)に「ウクライナは間違った方向に進んでいる」という趣旨のメッセージや動画が届いた。「彼らはキーウ郊外ブチャでの蛮行も認めません。路上に遺体が放置されていた映像も認めない。SNSでの関係もブロックしました。もう付き合いきれない」

 ウクライナに住むロシア人にも怒りは広がる。

 キーウ郊外の街ブチャで41…

この記事は有料会員記事です。残り653文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載ウクライナ危機 市民は今(全120回)

この連載の一覧を見る