「夜間中学を全国に広げよう」 前川元文科次官が講演

大月規義
[PR]

 元文部科学事務次官の前川喜平氏(67)が7日、福島県の伊達市保原市民センターで「日本国憲法と教育」と題して講演した。地元の「保原町9条の会」が主催し、約180人が参加した。前川氏は「国籍や年齢、貧富の差にとらわれない夜間中学を全国的に増やすべきだ」と語った。

 夜間中学には、不登校外国籍などで義務教育が十分受けられなかった人たちのため、教育の機会を提供する役割がある。2024年度には、福島市が県内初の公立の夜間中学を開設する予定だ。

 前川氏は文科省の官僚時代、夜間中学の開設を強く進めてきた。次官を退任した17年からは、福島市で市民グループが主催する「福島駅前自主夜間中学」を月1~2回訪れ、ボランティア講師を務めている。

 講演で前川氏は、会場近くの公民館で見つけたという「日本語教室」のチラシを紹介。「保原にも日本語が必要な外国人がいる。教育を受ける権利は誰にでもひとしく保障されなければならない」と強調した。大月規義