第95回実は「小物」だとばれたロシア 負けられない戦いはどこに帰結するか

有料記事ウクライナ情勢

ロンドン=国末憲人
[PR]

 ロシアは9日、第2次世界大戦の対独戦勝記念日を迎えました。当初は、2月からのウクライナ侵攻の戦果をここで華々しく祝うはずだったと思われますが、実際にはウクライナ側の激しい抵抗に遭い、国際社会からも孤立し、厳しい立場に立たされています。ロシアは何を見誤ったのか。これからどこに向かうのか。英国のロシア専門家ジェームズ・ニクシー氏(47)に聞きました。(ロンドン=国末憲人

A-stories ウクライナ危機の深層

ロシアのプーチン大統領がウクライナ東部の親ロシア派支配地域の独立を承認し、ロシア軍を進駐させる方針を決めました。プーチン氏の狙いは何か。ウクライナ危機はどうなるのか。世界や日本の有識者に聞きました。

 ――ロシアがウクライナに侵攻して2カ月あまりが過ぎました。この間の攻防をどう見ますか。

 「端的に言うと、ロシアの大失敗です。ロシアは、簡単に勝利を得られると思い込んでいました。ウクライナを真の国家とは認めようとしないあまり、ウクライナ人の愛国心と抵抗、祖国のために命を捧げる覚悟があれほど発露されるとは考えなかったのです。もっとも、それは欧米側も予想していなかったのですが」

ひねり出した歯磨き粉はチューブに戻せない

 「ロシアの能力の低さ、展望のなさと、ウクライナに対する理解の薄さに加え、ウクライナ人自身の勇敢さ、欧米からの軍事援助が、ロシアの企てを妨げたといえます」

 「ロシア、というよりウラジーミル・プーチン大統領は、身動きが取れない状況に追い込まれています。いったんひねり出した歯磨き粉をそう簡単にチューブに戻せないのと同様に、プーチン氏は戦果なくして軍を撤退できません。しかし、領土としても、政治的にも、外交的にも軍事的にも、その成果は得られそうにありません」

 ――ロシア軍はもっと強いのだと思っていました。

ここから続き

 「ロシア軍は、短期間の小競…

この記事は有料記事です。残り3304文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

  • commentatorHeader
    佐藤優
    (作家・元外務省主任分析官)
    2022年5月9日14時58分 投稿
    【視点】

     ウクライナとロシアの戦争に関して、今後のシナリオは3つあります。  第1は、ニクシー氏や大多数の日本人が望んでいる、ウクライナの果敢な抵抗によって、ロシア軍がドネツク州、ルハンスク州、クリミアを含む同国全域から放逐されるというシナリオで

  • commentatorHeader
    駒木明義
    (朝日新聞論説委員=ロシア、国際関係)
    2022年5月9日9時58分 投稿
    【視点】

    「ゼレンスキー大統領は、ウクライナが独立主権国家として存在することを求め続けています。しかし、プーチン大統領はそれが容認できない」 これこそ、問題の本質を浮き彫りにした説明だと思います。NATOの拡大や、ロシア系住民の保護というのは、うわ

連載ウクライナ危機の深層(全180回)

この連載の一覧を見る