ウクライナから避難した両親、残った妹 思いが交錯した「母の日」

[PR]

 ロシアによるウクライナ侵攻が続くなか迎えた「母の日」の8日、横浜市に住むアマウリ・マリーナさん(39)は、日本に避難してきている母親のイリーナさん(61)に花束を渡した。「今のような幸せな暮らしがずっと続いてほしい」とマリーナさんが話すと、イリーナさんも「ありがとう。すごく幸せ」と返し、抱き合った。

 ロシアからのウクライナ侵攻をニュースで知ったマリーナさんは、3月初旬から、家族や友人を日本に避難させるための募金活動を続けている。集まった資金で電子チケットを買い、3月末に両親を日本に避難させた。それ以降は、横浜市の自宅で両親とともに暮らしている。

 マリーナさんの両親は、欧州…

この記事は有料会員記事です。残り252文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら