事故発生数全国「ワースト」の交差点 返上のため全署員が動いた

有料記事

杉山あかり、板倉大地
[PR]

 福岡県筑紫野市に、長年人身事故が多発し、地域住民から「魔の交差点」と呼ばれる場所がある。一時は事故件数が全国最悪にまでなったが、地元の県警筑紫野署員が総出で、制服姿の「見える警戒」を実施。昨年の事故は激減し、ワーストを返上した。

 この「針摺(はりすり)交差点」は、大型ショッピングセンター「ゆめタウン筑紫野」の目の前にある変則5差路。中央分離帯には高架道路の橋脚があり、見通しは良くない。

 制限速度は40~50キロ。車やバスがひっきりなしに通過する。署によると、1日に約3万8千台が通る。

 なぜ事故が多発するのか。交…

この記事は有料記事です。残り951文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!