• アピタル

バセドウ病と闘う元日本代表FW ピッチを駆けて伝えたかったこと

有料会員記事

堤之剛
[PR]

 5月8日、女子サッカーのINAC神戸がノジマステラ相模原を3―0で下し、WEリーグ初年度の優勝を決めた。

 途中出場したFW京川舞は、チームメートと喜びをわかちあった。表彰式を終えると、水をかけあって笑顔をはじけさせた。

 試合終了直前に右足を痛めて交代したため、取材エリアには松葉杖をつきながら現れた。

 声をかけると、丁寧に言葉を選んで胸の内を明かした。

 「自分との闘いも長かったので、いつもと違った景色でした。葛藤もあったし、最後にけがをしてしまったのもあって、自分らしい泥臭い優勝だなと思いました」

 彼女は病と闘いながら、ピッチに戻ってきた。

 2021年1月ごろ、異変に襲われた。

 薄着なのに汗がとまらない…

この記事は有料会員記事です。残り1073文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら