辺野古移設断念求めハンスト 復帰50年「祝える状況なのか」

有料会員記事

宮野拓也
[PR]

 米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設断念などを政府に求め、一橋大学院生の元山仁士郎(じんしろう)さん(30)が9日、首相官邸前でハンガーストライキを始めた。東京で始め、復帰50年を迎える15日は沖縄で行う。

 宜野湾市出身の元山さんは、2019年にあった辺野古埋め立ての是非を問う県民投票の実施を求めた団体の元代表だ。宜野湾市長ら一部の首長が県民投票をしないと表明した際にも、元山さんは抗議のために宜野湾市役所前で5日間ハンストをした。

 元山さんは9日、復帰50年…

この記事は有料会員記事です。残り383文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら