ウクライナの子どもに絵本届けよう 「一人じゃない」メッセージも

有料記事

林利香
[PR]

 ロシアによる侵攻で避難を余儀なくされているウクライナの子どもたちに、日本から絵本を届けるプロジェクトが進んでいる。京都や滋賀、大阪の子どもたちから約670冊が集まった。5月中にも、ウクライナのリビウや隣国ポーランドに届ける。

 プロジェクトの中心は、滋賀大学(滋賀県彦根市)の産学公連携推進機構で客員教授を務める近兼敏(ちかかねさとし)さん。ポーランドでウクライナ避難民を支援する知人から「絵本やおもちゃが手に入りにくい。子どもたちに絵本を送ってほしい」という要望が近兼さんのもとに届いた。

 日本の子どもたちが直接できる支援にしたいと思った近兼さん。京都信用金庫(京都市下京区)に呼びかけ、プロジェクトが立ち上がった。

 京都信金は、春休み期間を中…

この記事は有料記事です。残り822文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!