【写真まとめ】50年前の5月15日 黒板に「きちはそのまま残る」

沖縄・本土復帰50年

[PR]

 1972年5月15日。降り続く雨の中、沖縄は、本土復帰の日を迎えました。

 「街は静かで、人通りも少なかった。当初あった復帰歓迎の熱気は失われていた。米軍基地が残ることや経済への不安が大きくなっていた」。当時、取材をしていたカメラマンの言葉です。

 ベトナム戦争が激化する中、米軍基地からは、この日も、いつもと同じように米軍機が飛び立ちました。クラス別の討論会で、「復帰」について小学生が黒板に書いた「きちはそのまま残る」という不安は、いま、現実となってしまっています。

 50年前の「復帰の日」。その前夜から、写真で振り返ります。