フィリピン大統領選、マルコス氏が当選確実に 地元メディアが報道

有料会員記事

マニラ=宋光祐
[PR]

 フィリピン大統領選が9日、投開票された。地元メディアによると、1986年まで独裁体制を敷いた故マルコス元大統領の長男で元上院議員のフェルディナンド・マルコス氏(64)が他の候補を大きく引き離し、当選が確実な情勢となった。

 複数の地元メディアが同日夜に報じた選挙管理委員会の非公式集計(開票率66・1%)では、マルコス氏が2172万票、2位の現職副大統領レニ・ロブレド氏(57)が1028万票を獲得し、差が開いている。有権者数は約6700万人。

 投票は同日午前6時から始まった。投票所では新型コロナウイルス対策の検温と入場制限を実施。選管は前回選挙よりも投票時間を3時間長く設定した。

 マニラ首都圏ケソンの投票所…

この記事は有料会員記事です。残り1149文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら