蜃気楼はどうして起きるの?

有料会員記事

[PR]

蜃気楼はどうして起きるの?」

東京都・山岸輝明日さん(小6)からの質問

ののちゃんのDo科学

ののちゃんは、朝日新聞に連載されている漫画の主人公で、小学3年生。学級担任の藤原先生を相手に、身の回りの不思議を質問します。聞いてほしい疑問はこちらへ。science@asahi.comメールする

 ののちゃん この前港の近くで遊んでいたら、遠くの船の上にもう一つ、さかさになった船が浮かんでいるように見えたの。びっくりして、目がおかしくなったのかと思った!

 藤原先生 蜃気楼(しんきろう)ね。けしきがのびたりさかさまになったりして見える現象のことだよ。

 のの ふしぎだなあ。どうして起きるの?

 先生 光が曲がるからだよ。あたたかい空気とつめたい空気が重なり合ったところでは、光がまっすぐに進まずにつめたい空気の方に曲げられるんだ。「屈折(くっせつ)」と言うよ。

 のの つめたい方に曲がるのはどうして?

 先生 空気の密度の違いによ…

この記事は有料会員記事です。残り939文字有料会員になると続きをお読みいただけます。