華やぐ十二月 皐月 未生流笹岡の家元が見せる、カキツバタの小宇宙

有料記事

[PR]

京都を拠点とする華道「未生流笹岡」の三代家元、笹岡隆甫(りゅうほ)さんに毎月、旬の花を生けてもらう企画です。5月はカキツバタ。どんな思いが込められているのでしょうか。

   □ ■ □

 ゴールデンウィークが明けたこの時期に、見ごろを迎えるのがカキツバタです。紫色の高貴で深みのある色合いから、最高位の花の一つと考えられています。

 昔の書物には「日月和して紫雲たなびく」、つまり、東に太陽があって、西に月がある時に、空には紫の雲がたなびく、と書かれています。かつて中国の皇帝は紫色を好み、自分以外がこの色を使うことを禁じたそうです。

 みずみずしい緑の葉とのコン…

この記事は有料記事です。残り676文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。