園児ら16人の死傷事故 国交省がHPで「小学生の事故」と誤記載

有料会員記事

鈴木洋和
[PR]

 大津市の交差点で2019年、車同士がぶつかり、巻き添えで散歩中の保育園児2人が死亡、保育士を含む14人が重軽傷を負った事故について、国土交通省がホームページで「小学生の死傷事故」と誤って記載していたことが同省への取材でわかった。報道機関の指摘を受け、9日に「小学生」を「園児」に修正した。

 国交省道路交通安全対策室によると、誤って記載していたのは「生活道路の交通安全対策ポータル」というページ。全国の交通事故の状況や安全対策などを紹介している。国交省など道路管理者の施策を伝える欄の「通学路等における交通安全対策の取組」というコーナーで、「滋賀県大津市における小学生の死傷事故」と記載していた。

 このページは3月31日にリ…

この記事は有料会員記事です。残り276文字有料会員になると続きをお読みいただけます。