6人が本選へ アマ囲碁和歌山県大会予選

[PR]

 第16回朝日アマチュア囲碁名人戦和歌山県大会(朝日新聞和歌山総局、日本棋院和歌山支部主催)の予選が8日、和歌山市七番丁の朝日新聞和歌山総局で開かれた。計18人が参加し、うち6人が本選への出場を決めた。

 朝日少年少女囲碁名人戦県大会の小学生の部、中学生の部で優勝経験がある向陽高校1年、森本昊(こう)一郎さん(15)=湯浅町=は、本選出場を決めた。「受験勉強で半年ほど対局できずに不安だったが、勝てて安心した。本選はテスト勉強の期間と重なっているが、できるだけのことはしたい」と話した。

 本選は15日に朝日新聞和歌山総局であり、前回の優勝者と準優勝者を含めた計8人で競う。優勝者は「県朝日アマ囲碁名人」として、7月2、3日に日本棋院会館(東京)で開かれる全国大会に出場する。

 予選の結果は次の通り。(1回戦は勝者のみ。上段が勝ちで、▲が先番。敬称略)

 ◇県予選

 ▽1回戦勝者

 平井祥太、上野泰平、佐竹聡学、有本光良、山本憲司、森本昊一郎

 ▽2回戦

平井    中押し▲ 高橋静雄

田口真也 ▲中押し  上野

木村直登  中押し▲ 佐竹

島克也  ▲中押し  有本

磯山美富  17目半▲ 山本

森本    1目半▲ 三龍直人