北極へ、南極へ導いてくれた恩師との別れ、越えられぬ距離と時間

有料会員記事

中山由美
[PR]

 日本出発から帰国まで1年4カ月。やりたいことがやり尽くせないと思えば短い。何があろうと帰れないと思うと南極越冬は長い。家族や大切な人の訃報(ふほう)に接しても、越えられぬ距離がある。

 2020年8月、恩師の悲報が続いた。私を北極へ、そして南極へと導いてくれた2人だった。

 昭和基地の自室でパソコンを開くと、野性味あふれるひげの笑顔の白黒写真が目に飛び込んだ。「コンラッド・シュテフェンさん死去、スイス人研究者がグリーンランドでクレバス転落」とのニュースが流れていた。68歳だった。

 愛称はコニー。南極・北極を…

この記事は有料会員記事です。残り955文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら