「ロシアは戦闘の長期化に向け準備」米情報機関トップ、公聴会で見解

有料会員記事ウクライナ情勢

ワシントン=清宮涼
[PR]

 米国の情報機関トップであるヘインズ国家情報長官は10日の上院の公聴会で、ロシアのウクライナ侵攻をめぐり「プーチン大統領は(東部)ドンバス地方(の支配)を超えた目標を達成しようと、ウクライナでの戦闘の長期化に向け準備している」との見方を示した。

 ロシア軍は当初の計画だったウクライナの首都キーウ(キエフ)の攻略に失敗。その後、侵攻の第2段階として、東部と南部の「完全支配」を目標に掲げてきた。ヘインズ氏は、短期間でのプーチン氏の軍事目標は東部ドンバス地方を支配し、ウクライナ軍を包囲することだと指摘。その上で、ロシア軍が、隣国モルドバから事実上の独立を宣言している親ロ派の「沿ドニエストル共和国」に「(支配を)拡大したいと考えている兆候がある」と分析した。

 ただヘインズ氏は、ロシア軍…

この記事は有料会員記事です。残り247文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら