シン・ウルトラマン予習のための3作品 庵野さんが大好きな星人は

有料会員記事

太田啓之
[PR]

 13日から公開される庵野秀明企画・脚本、樋口真嗣監督の映画「シン・ウルトラマン」。ウルトラマンファン歴50年、庵野秀明ファン歴約40年の記者が、「シン・ウルトラマン」の鑑賞前に「予習」しておくことで、作品をより深く、よりおもしろく味わうことができそうな三つの作品を選び、その見どころ、読みどころを紹介する。庵野さんが選んだオリジナル版「ウルトラマン」のベストエピソード、自ら「原点」と称する特撮作品など、そのさわりを知るだけでも「シン・ウルトラマン」への期待が一層高まること、請け合いだ。

 庵野さんは2012年、美術展「館長庵野秀明 特撮博物館」の開催にあわせ、「円谷特殊技術研究所」というDVDボックスを監修した。DVDにはウルトラシリーズや「マイティジャック」「怪奇大作戦」など、円谷プロが制作した特撮テレビシリーズ14作品のベストエピソードを選出・収録されている。

 この中で、庵野さんが「ウル…

この記事は有料会員記事です。残り3203文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    プチ鹿島
    (時事芸人)
    2022年5月13日22時1分 投稿
    【視点】

    「シン・ウルトラマン」を初日の本日に観てきました。2016年の「シン・ゴジラ」のときは「面白い」という評判をうっかりSNSで知ってしまい、ああ何も知らない、まっさらな状態で観たかったなと思ったからです。※「面白い」「凄い」というのも立派なネ