新たに発見の骨は人の右肩甲骨、不明女児との関連捜査 山梨・道志村

池田拓哉
[PR]

 道志村の山中で4日に見つかった骨について、山梨県警は10日、人の右の肩甲骨だったと明らかにした。大きさなど詳しい特徴は示していない。今後、DNA型鑑定によって身元の特定を進める。

 見つかった場所の近くでは2019年9月に千葉県成田市の小学生、小倉美咲さん(9)が行方不明になっている。県警は、これまでに発見された遺留品や頭の骨も含め、小倉さんとの関連を慎重に調べる。

 県警は10日、警視庁から鑑識課員ら約10人の応援を得て計約50人態勢で山中を捜索した。捜査員をこれまでより約10人増やし、捜索範囲を広げた。骨などを捜索する特殊な訓練を受けた警視庁の警察犬2頭も新たに投入されたが、新たに遺留品などは見つからなかったという。

 県警は11日も警視庁の協力を得て約50人態勢で捜索を続ける。(池田拓哉)