誤振込の4630万円返還求め住民提訴へ 山口県阿武町

大藤道矢
[PR]

 山口県阿武町が新型コロナウイルス関係の臨時特別給付金(住民税非課税世帯463世帯分)の振り込みに絡んで、計4630万円を誤って1世帯の住民に送金した問題で、町は、この住民に全額の返還を求めて民事訴訟を起こす方針を明らかにした。住民は返還を拒んでいるという。12日に町議会を招集して議案を提出し、可決されれば、不当利得返還を求めて提訴する。

 町は4月8日に対象の463世帯に給付金として10万円ずつ振り込んだが、その際に別途、この中の1世帯に4630万円を誤送金した。

 その日のうちに誤送金した住民に連絡し、同月21日には、誤送金分を取り戻す手続きを依頼しようと面会したが、住民は「すでに入金されたお金は動かしている。もう元には戻せない。罪は償います」と話したという。その後、住民とは連絡が取れていないといい、町は県警に相談している。(大藤道矢)