岸田首相「極めて残念」独首相に慰安婦像の撤去を要求 4月の会談で

有料会員記事岸田政権

西村圭史
[PR]

 岸田文雄首相が4月28日にあったドイツのショルツ首相との首脳会談で、ベルリン市内に設置されている慰安婦を象徴する少女像の撤去を求めていたことが分かった。松野博一官房長官が11日の記者会見で明らかにした。

 松野氏は「岸田首相から、慰…

この記事は有料会員記事です。残り202文字有料会員になると続きをお読みいただけます。