熱海土石流 前・現所有者きょう証人尋問、参考人証言と食い違う主張

有料会員記事

黒田壮吉、魚住あかり
[PR]

 静岡県熱海市で昨年7月に発生した土石流災害を調べる市議会調査特別委員会(百条委員会)は12日、起点とされる盛り土があった土地の前・現所有者を証人尋問する。盛り土に対する危険性の認識や造成の経緯、安全管理の問題などが問われる見通しだ。

 県や市によると、盛り土は神奈川県小田原市の前所有者が2007年に市に届け出た計画に基づいて造成された。ただ、盛り土の高さは計画の3倍超の約50メートル、土砂の量も約2倍の約7万立方メートル超で、防災対策も不十分だったとされる。

 土地は11年2月に現在の所…

この記事は有料会員記事です。残り474文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら