尹大統領、北朝鮮の拉致問題で「日本の立場を支持」 日韓議連と面会

ソウル=鈴木拓也
[PR]

 新政権が誕生した韓国の大統領府で11日、日韓議員連盟の額賀福志郎会長ら超党派の国会議員が尹錫悦(ユンソンニョル)大統領と面会した。日韓関係の改善を掲げる尹氏は、北朝鮮による拉致問題に関して日本を支持する姿勢を見せた。

 額賀氏によると、尹氏は「拉致問題は人権や普遍的価値観の問題であり、自分は日本の立場を支持する」とし、解決に向けて協力していく考えを示したという。尹政権は、北朝鮮に融和的だった前政権の姿勢を「失敗」と位置づけている。

 尹氏はまた、「韓日両国は最も近い隣国で、自由民主的価値や市場経済を共有する重要な協力パートナーだ」と強調。「停滞した韓日関係を早期に修復することが両国の共通の利益になる」と述べた。両国間の歴史問題を「国内政治に使うことには反対」として、日本と未来志向の関係を築きたいとした。

 額賀氏からは、1965年の日韓基本条約や日韓請求権協定が「日韓関係の友好協力の基盤となっており、守っていくことが大事」との岸田文雄首相のメッセージを伝えたという。(ソウル=鈴木拓也)