荷物を間違えずに目的地へ DNAのレールを自在に動く、極小マシン

有料会員記事

吉備彩日
[PR]

 国立研究開発法人情報通信研究機構兵庫県立大学の共同研究グループは、DNAで作ったレールの上を自走し、荷物を目的地まで運べるナノマシン(分子機械)の開発に成功した。

 ナノマシンとは、1ミリメートルの100万分の1の分子サイズの機械のこと。2016年に開発に携わった仏・米・オランダの3氏がノーベル化学賞を受賞し、実用化に向けた研究が盛んな分野だ。

 グループが着目したのが、細…

この記事は有料会員記事です。残り653文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら