「それ、おじさん超えるチャンス!」 朝青龍のおい、興奮隠しきれず

有料会員記事

松本龍三郎
[PR]

 その血筋ゆえに、新弟子の頃から大きな注目を浴びてきた。

 取材の機会があれば、たいてい同じ話題を振られる。「なんでいつも、おじさんのこと聞くんすか?」

 豊昇龍智勝。

 本名は、スガラグチャー・ビャンバスレンという。モンゴル出身の22歳には、父の弟である第68代横綱・朝青龍の存在が常につきまとう。

 出世では同世代の先頭を走る。春場所で新小結昇進を果たし、8番勝って地位を保った。千秋楽には、いつも手厳しいコメントで知られるおじさんが、ツイッターで成長を認めてくれるコメントをつぶやいた。

 《豊昇龍新小結8勝7敗 私も新小結で8勝7敗に終わった。おんなじ道筋》

 4月下旬、取材で質問に淡々と答えていた豊昇龍が、色めき立った瞬間がある。

 「それ、おじさんを超えるチ…

この記事は有料会員記事です。残り950文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら