「詐欺では?」 被害を未然に防止した5人に豊田署が感謝状 愛知

中川史
[PR]

 特殊詐欺の被害を未然に防いだとして、愛知県警豊田署は11日、5人に感謝状を贈った。

 元保育士の岡田裕美さん(56)は、豊田市内の商業施設内のATMで2月24日、操作を何度も間違える高齢女性の後ろに並んだ。たまたま隣に並んだ人と「詐欺じゃないか」と思いが一致し声を掛けたが、女性は「(私は)もらう方だから違う」と還付金詐欺に遭う寸前だった。110番するとともに警備員を呼んで被害を防いだという。

 ほかに感謝状が贈られたのは、藤岡郵便局員の武永梨花(りんか)さん(25)▽碧海信用金庫豊田東支店職員の山田智尋(ちひろ)さん(36)▽セブン―イレブン豊田市御幸町店オーナーの中山雄太さん(37)▽ファミリーマート豊田花園店マネジャーの渡辺直子さん(45)。4人は、それぞれ架空料金請求詐欺の被害を未然に防いだ。

 川口孝署長は「犯罪がないのが一番だが、それぞれの立場、仕事の中でお声掛けをしながら業務に励んでいただきたい」と話した。(中川史)