米国の4月の消費者物価 伸び率縮小 インフレ「ピーク過ぎた?」

有料会員記事

ワシントン=榊原謙
[PR]

 米労働省が11日発表した4月の消費者物価指数(CPI)は、前年より8・3%上昇した。米国では数カ月にわたって約40年ぶりの物価高が続いている。ただ、3月の8・5%からは伸び率は縮んだ。市場ではインフレが「ピークアウト」したとの見方もある。

 事前の市場予想(8・1%)は上回った。前年比の伸び幅が前月を下回るのは8カ月ぶり。

 米連邦準備制度理事会(FRB)は今月開いた会合で、異例の0・5%の利上げと保有資産を圧縮する「量的引き締め」を同時に決め、インフレの抑え込みに強い意思を示している。ただ、ウクライナ危機が長期化する見込みで、FRBがめざす2%の物価目標にまで今の高いインフレ率を下げるには、数年かかるとの見方も根強い。

 物価動向について、FRBの…

この記事は有料会員記事です。残り258文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら