国立病院機構の病院元課長を収賄容疑で逮捕 業者から接待受けた疑い

有料記事

[PR]

 独立行政法人国立病院機構下志津病院千葉県四街道市)発注の事業で便宜を図った見返りに計約90万円相当の接待などを受けたとして、警視庁は11日、病院の元企画課長の安彦(あびこ)昌人容疑者(60)=千葉市=を収賄容疑で逮捕し、発表した。接待した側の電気機器卸「小松電器」(千葉県船橋市)の社長、松丸隆行容疑者(43)=船橋市=も贈賄容疑で逮捕した。

 捜査2課によると、安彦容疑者は2019年7月~20年9月、同病院が発注する工事などの業者選定を巡り、旅行と飲食などの接待(約60万円相当)を受けたほか、ノートパソコン1台やブランドシャツなど計5点(約30万円相当)を受け取った疑いがある。随意契約で他社の見積金額を松丸容疑者に教えて受注させるなどしていたという。同課は2人の認否を明らかにしていない。

 安彦容疑者は今年2月に早期退職しているという。

 国立病院機構の職員は、独立…

この記事は有料記事です。残り151文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!