給水コップに消毒液、飲んだ選手が棄権 高校総体の競歩やり直しへ

[PR]

 甲府市で7日に開催された山梨県高校総合体育大会春季大会の女子5000メートル競歩で、選手に提供された給水用のコップに誤ってアルコール消毒液が入り、飲んだ選手が途中棄権などした問題で、県高体連陸上競技専門部は11日、この競技結果を無効とし、13日に競技をやり直すと発表した。

 7日の競技には8人の選手が参加したが、3人が消毒液を口に含み、1人が気分が悪くなって途中棄権した。再競技は8人全員が対象になるという。