「レオタード」を忘れない 40年前、国立競技場で浴びた心ない言葉

有料会員記事

堤之剛
[PR]

 日本で初となる女子サッカーのプロリーグ「WEリーグ」の最初のシーズンが終盤を迎えている。

 5月14日には東京・国立競技場でINAC神戸―三菱重工浦和戦が開催される。

 リーグの運営トップの初代チェア、岡島喜久子さん(64)には、日本女子サッカー草創期に国立競技場で聞かされた忘れられない言葉がある。

 自らも選手だった。1979年、日本女子連盟が設立された際、理事に就いた。

写真・図版
1985年3月、東京・国立競技場で全日本女子サッカー選手権の決勝戦が行われ、清水第八スポーツクラブ(静岡)が大阪・高槻女子フットボールクラブを4-0で破り、5連覇した

 同じ年、全日本女子選手権が始まり、運営に携わった。

 80年代のことだった。決勝の会場には国立競技場が使われるようになっていた。

 ピッチの横で決勝を見ている…

この記事は有料会員記事です。残り1100文字有料会員になると続きをお読みいただけます。