第4回「この男は悪党だ」 語気強めたバイデン、背景にトランプの「口撃」

有料会員記事

ワシントン=園田耕司
[PR]

 1970年代に上院議員となったバイデンは対中穏健派として知られた。将来的な民主化を期待して中国を国際経済体制に組み込む「関与政策」を支持してきた。オバマ政権の副大統領当時には中国を2回訪問し、習近平(シーチンピン)と信頼関係を築いた過去がある。

 そのバイデンが対中強硬路線に大きくかじを切ることになったのが、2020年米大統領選だった。

「旧友」に牙をむいた討論会

 「この男は悪党(Thug)…

この記事は有料会員記事です。残り3865文字有料会員になると続きをお読みいただけます。