純利益8倍の企業も 好決算が相次ぐのに…識者「庶民生活は厳しく」

有料記事

松本真弥、宮川純一 吉田貴司、金子智彦 北川慧一、三浦惇平
[PR]

 2022年3月期決算では製造業を中心に、かつてない好業績になるところが相次いでいる。円安が業績を押し上げており、上場企業全体でも純利益は過去最高になりそうだ。ただ、多くの従業員や消費者にとって恩恵はまだ感じにくい。

 「急速な市場拡大に対応した調達と生産で需要増加を着実に取り込み、期を追うごとに売り上げが拡大した」

 半導体製造装置大手の東京エレクトロンの布川好一取締役は12日の決算会見でこう述べた。22年3月期は売上高、純利益ともに過去最高だった。半導体の世界的な需要の高まりで製造装置の販売が大きく伸びた。同業のアドバンテストも、売上高と純利益が過去最高を更新した。

 石油元売り各社は資源高に加…

この記事は有料記事です。残り2305文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!