「法に従わねば侵略行為」 安保理で引用の文献、執筆者はプーチン氏

有料会員記事ウクライナ情勢

ニューヨーク=藤原学思
[PR]

 「法は法であり、従わなければならない」

 ウクライナのキスリツァ国連大使が12日、ロシアからの軍事侵攻を受ける自国の人道状況をめぐる国連安全保障理事会の会合で、米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)に載った9年前の意見記事を引用した。その執筆者は、ロシアのプーチン大統領だった。

 この記事は2013年9月に…

この記事は有料会員記事です。残り578文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら