プロ野球が揺れた年 スト明けに現れたゴレンジャー、幻の満弾を放つ

有料会員記事北海道日本ハムファイターズ

能田英二
[PR]

 プロ野球日本ハムの球団職員・荒井修光(のぶあき)さん(48)は、「BIGBOSS(ビッグボス)」こと新庄剛志監督(50)の現役時代、さまざまなパフォーマンスに立ち会ってきた。のちの日本ハムの躍進を予感させるような、あの日のことも鮮明に覚えている。

 2004年。プロ野球界は揺れ動いていた。

 近鉄の球団身売り問題を発端に、一部オーナーたちが、1リーグ制移行をもくろんでいたのだ。

 いわゆる「球界再編」だ。

 プロ野球選手会(古田敦也選…

この記事は有料会員記事です。残り1593文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    稲崎航一
    (朝日新聞編集委員=スポーツ、野球)
    2022年5月16日18時8分 投稿

    【視点】大げさにいえば、球界を救ったのが新庄剛志選手でした。 今では信じられないことですが、パ・リーグは人気薄と経営難に苦しみ、近鉄とオリックスの合併を機に、消滅しようとしていたのです。 「これからはメジャーじゃない。セ・リーグでもない