スマホでロシアにサイバー攻撃、日本でも 「祭り感覚」に潜むリスク

有料会員記事ウクライナ情勢

篠健一郎、編集委員・須藤龍也
[PR]

 「ここを攻撃します。サーバーダウンさせるためには人手が必要です。ぜひとも加勢をお願いします。」

 4月下旬。ツイッターに、こんな内容が投稿された。ロシア政府のウェブサイトのURLも掲載されていた。

 発信者は「IT ARMY of 5ch」(5ちゃんねるのIT軍)を名乗っている。

 ロシアの軍事侵攻が始まってから2日後の2月26日、ウクライナ政府は、サイバー攻撃で反撃する「IT軍」への参加を世界に向けて呼びかけた。SNSの「テレグラム」に設けられた専用チャンネルには27万人を超える人が登録する。

 「5ちゃんねるのIT軍」は、その活動を日本でも実践しているグループのようだ。

 ツイッターの投稿にはもう一つ、ウェブサイトが掲載されていた。「兵器保管庫」と書かれたサイトには、「初心者でも使えるシリーズ」として、「開くだけでロシアの機関に攻撃を行います」というリンクが示されていた。スマホやパソコンから、誰でもサイバー攻撃に参加できる、というのだ。一方で、「自己責任でお使いください」という注意書きもある。

 サイバー攻撃だとすると、各国で法律違反に問われる可能性もあるが、一体、どんな人物が関わっているのか。参加者はどのような思いで活動しているのか。ツイッターにメッセージを送り、取材を試みた。

メンバーは70人弱

 数時間後、「ウクライナを少しでも助けたい」などと返信があった。

 より具体的な話が聞きたいと考え、対面での取材を依頼すると、返信してきた人物は、「匿名性を一つのルールにしている」として、オンラインでの取材ならば応じると回答が来た。

 3月下旬、オンライン会議ツ…

この記事は有料会員記事です。残り4177文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら