被害者の車内にも血痕 犯人も車に同乗か 愛知・知立の殺人事件

[PR]

 愛知県知立市の道路脇の側溝から無職の三浦正裕さん(29)=同県岡崎市=が遺体で見つかった殺人・死体遺棄事件で、現場近くに止まっていた三浦さんの乗用車内から、血痕が見つかっていたことが捜査関係者への取材でわかった。現場の状況などから、三浦さんが犯人と一緒に車で行動していた可能性もあるとみられ、県警は三浦さんの足取りについて防犯カメラの解析などを進めている。

 捜査幹部によると、三浦さんの車はドアが施錠され、前輪が側溝にはまった状態で見つかった。11日に発見された際、三浦さんは上半身裸で、顔などに十数カ所の刺し傷があり、抵抗した際にできたとみられる傷もあった。県警は三浦さんが犯人に執拗(しつよう)に襲われたとみて調べている。

 また、捜査関係者によると、三浦さんの遺体は毛布にくるまれていた。遺体の上には、金属製の側溝のふたが置かれ、土や草花もあった。周囲から抜き取られたもので、花束のように同じ向きにそろえられていたという。県警は、遺体が見つかるのを遅らせる意図があったのか調べる。