基地より経済、課題は「経済振興」38% 朝日沖縄調査

有料会員記事

磯田和昭
写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 沖縄の日本復帰50年にあわせ、朝日新聞社は沖縄タイムス、琉球朝日放送と合同で県民に世論調査をした。経済振興が課題だという意識がなお強いことがわかった。

 復帰にあたり、当時の琉球政府は「沖縄の声」を届けようと、日本政府あての建議書をまとめた。この中の5本柱のうち、なお実現が不十分だと思う項目を二つまでの複数回答で聞くと、「県民主体の経済開発」が41%と一番多かった。次いで「戦争の否定と平和の希求」34%、「地方自治の尊重」31%などとなった。

 沖縄県のいまの最重要課題を択一で選んでもらうと、ここでも「経済振興」が38%と最も多い。「基地問題」が26%で2番手。調査方法が違うため単純には比較できないが、電話で同様に聞いた2017年調査では、「基地問題」33%、「経済振興」19%だったので、今回両者が逆転した。

 今回ほかに選ばれた課題とし…

この記事は有料会員記事です。残り527文字有料会員になると続きをお読みいただけます。